社会科作文 – 六年間をふりかえって-

卒業を間近に控えた昭和46年3月17に発行された最後の作文集です。

社会科作文コーナー
ここは,小学校5,6年生2年間の社会科学習のまとめとして,それぞれがそれぞれの作文を通して,社会科学習のまとめをしています。ただ,ここの資料となる作文がコピーをとる際に斜めになったものが多く,見栄えはかなり良くないので,許してください。場合によっては,何かわからん
ものもありますので・・・ただ,ここで紹介するまでには大変な過程があるので,
勘弁してください。
追伸:このコーナーができるまでの作業過程を一応報告しておきます。
(1) Y・Mさんからお借りした当時の文集なり資料をコンビニでコピーする。
(2) コピーした全てを自宅のスキャナーで電子データ(画像)に変換する。
(3) (2)の画像データを種類ごとに区分けする。
(4) (3)で区分けした画像データをソフト①を使って加工する。
(5) (4)で加工した画像データをソフト②を使って,ホームページ用に加工する。
(6) (5)の画像データをそれぞれのタイトルごとにホームページに貼り付け,
アップロード作業を行う。→ ホームページの完成。
まあ,このような複雑な作業があるわけです。最初のコピーがうまくとれていれば良かったのですが,2~3時間,コンビニにて立ちっぱなしでコピーをしていたので,つい疲れが出てきて,多少,コピーのやり方が雑になり,その影響が大です。
-2010 中島編集版より-

中島くん編集初版を引き継ぎ、送られて来た原本資料を再スキャン、体裁整えて順次掲載していきます。また当時の姓名以外、住所や電話番号等個人情報の記載されている部分は加工削除してから掲載します。

2022.9.23更新
前回掲載画像が不鮮明だったので原本スキャン画像からの加工方法を変えて整形したものを改めて掲載しました。
また漏れていた一部のページも追加し「私のだけ酷くない?」とか陰口叩かれない程度には均等な仕上げをめざしました。

 

 

 

岩井和大 編

 

 

池田祐実子 編

 

岩本孝之 編

 

内田かおり 編

 

岡野ルミ子 編

 

山田秀之 編

 

堀田徹 編

 

この頃の印刷物はたいてい明治生まれの「ガリ版印刷」で作ったモノですが、果たして40数人分のガリ版を全員分1冊に仕上げるには少なくとも3000部以上が必要な計算になります。当時このガリ版印刷は持ち回りで作業したのか…記憶にありません。とにかくボタン数発で済んだ平成のコピー機時代、ボタン1発で配信の令和時代には想像し難い作業のうえにこれらの文章は成り立っています。

真武弘明 編

 

原口樹一郎 編

 

溝部恵美 編

 

山崎薫 編

 

長嶺克郎 編

 

榎本厚子 編

 

梶原登茂子 編

 

村上由美子 編

 

堤之智 編

 

光野剛司 編

 

松本州平 編

 

櫻木賢一 編

 

広末義幸 編

 

坂本典子 編

 

藤岡恵子 編

 

深川泰彦 編

 

茅島文子 編

 

中島光雅 編

 

平野洋子 編

 

山田雅人 編

 

野口千枝子 編

 

吉瀬秋夫 編

 

大野秀隆 編

 

沢本美智子 編

 

力丸孝子 編

 

重松弥生 編

 

鈴木弘幸 編

 

諸田隆博 編

 

緒方真美 編

 

山本洋嗣 編

 

野村恭二 編

 

山口和枝 編

 

植田涼子 編

 

 

 

…….. 掲載抜けがありましたら通知ください ……..

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントする